スポンサードリンク

アランミクリ

アランミクリはアイウェアのブランドです。

アイウェアとは、単なるめがねフレームに止まらず、高いデザイン性を持っためがねフレームを言います。

アランミクリはフランス人のアラン・ミクリが立ち上げたアイウェアのブランドですが、ファッションアイテムとしてののめがねフレームを確立したブランドと言っても過言ではなく、1977年から現在に至るまで、多くのファッションブランドとのコラボレートが行なわれ、日本でも最近スマップの木村拓也やサッカーの中田英寿などがCMで使うようになって、有名になりました。

アランミクリは、ジャン・ポール・ゴルティエなどの名だたるデザイナーのファッションショーで使われるだけでなく、映画監督のヴィム・ヴェンダースの作品「世界の果てまで」でも、アランミクリのアイウェアが使われていました。

アランミクリのアイウェアのデザインは、およそそれまでのメガネとは異質で、めがねのフレームをオブジェとして見なして、創造的な造形を試みてきました。

まさにオブジェと言うべきアランミクリのアイウェアですが、そのカラーは、めがね業界のトレンドカラーを決定するとまで言われる 影響力をもっており、めがね業界ばかりか、ファッション業界まで注目するところとなっています。

またあらんミクリの製品を取り扱うには、アランミクリの認定を受けて、「ポケットショップ」になる必要があり、認定を受けるにはかなり厳格な審査がなされるため、アランミクリを購入しようとしても、全国にアランミクリが認定している「ポケットショップ」は少なく、購入しにくいぶん、話題になっていると言えましょう。

アランミクリのシリーズには、スタンダードなコレクションと、「ポケットショップ」でも上位のクラスのショップだけが扱える「アランミクリポケットショップコレクション」があります。

実際メガのフレームのこれだけのステータスをもったブランドは他になく、デザインやカラーリング、まためがねとしての品質において、アランミクリに伍するブランドはないといえるでしょう。

その一方で、アランミクリは、視覚障害者をサポートする活動も盛んに行なっています。

最近ではエムタッチと言うアランミクリのアイウェアの売上の10%を、財団法人日本盲導犬協会に寄付するなど、単なるデザイナーと言うだけでなく、アイウェアの製作を通して、社会に貢献しようと言う信念を持ったブランドと言えましょう。

その意味ではめがねフレ―ム業界の真のリーダーと言えましょう。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/85665005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。