スポンサードリンク

アンテプリマ

アンテプリマは、香港にあるフェニックス社傘下のシューズとバックのブランドとして設立されました。

1972年フェニックス社は、萩野正明氏によって設立されたトータルファッションメーカーです。

1993年に萩野いずみ氏をクリエーティブ・ディレクターに迎えて、スタートしましたが、1995年に活動拠点をイタリアミラノに移し、高級ブランド戦略をとっています。

2001年には伊藤忠がアンテプリマとライセンス契約を結び、日本での販売代理店を展開しています。

アンテプリマを有名にせしめたのは、ワイヤーバックですが、金属製のワイヤーに樹脂コーティングした素材を、手編みの竹籠の様に上げたバッグです。

硬質なワイヤーを樹脂でコーティングすることで、独特のソリッド感と丈夫でシンプルさを兼ね備えたデザインですが、日本でも話題になりました。

2007年には、フェニックスグループは伊藤忠の契約を止めて、グループ傘下の子会社としてアンテプリマを再スタートさせるために、アンテプリマジャパンを設立しました。

これもアンテプリマが日本で好調な売上を示している証拠でしょう。

現在アンテプリマの直営店は、国内20店舗以上になっています。

最近ではバッグやシューズから、プレタポルテから、アクセサリーなど、トータルファッションへと、その守備範囲を広げています。

いち早くミラノに本拠を移し、より高級感をブランドに持たせる戦略は、日本に限らず東南アジアを中心にしたアンテプリマの好調さからも、成功と言えるでしょう。

アンテプリマのファッションアイテムは、他のイラリアコレクションと比較しても、決して見劣りする事はなく、萩野いずみ氏のデザインも働く女性を対象とした、大人のフェミニンを強調させて、シンプルで上質なファッションアイテムに仕上げています。

プレタポルテに関したは、オーソドックスなシェープの中に、上品なフェミニンさを忍ばせながらも軽快でリズミカルな、大人のファッションと言うところです。

バックに関しては、従来のワイヤーバックから、イタリアブランドテイストのレザーアイテムが揃っていますが、飾りや金具類の使い方は、ワイヤーバックで培ったノウハウが活かされて、効果的に演出されています。

アンテプリマは素材感とイタリアとアジアのテイストの融合とも言えるカラーリングは独特で、冷たいメタル系の素材を使いながら、冷たさを感じさせない、繊細な女性デザイナーならではの、仕上げ担っています。

アクセサリーやシューズ類は、節度を弁えながらも、大人のコケティッシュさを表現しています。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/86054609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。