スポンサードリンク

イルクオーレ

イルクオーレはさいたま市にあるアルピーノ村にあるイタリアンレストランです。

アルピーノ村と言うのは、フランスレストランのアルピ−ノのやイルクオーレ、煮込み料理の素敵屋さんなどが集まった、レストランパークのようなもので、その始まりはアルピーノですが、イルクオーレもそのグループのひとつです。

イルクオーレのシェフ福永幸雄さんは、アルピーノでもシェフの経験を積んでいらっしゃる方で、イタリヤ料理の名店リストランテ・インコントロの副料理長になったシェフですから、フレンチとイタリアンに精通した腕前は、確かなものです。

イタリア料理と言っても、最近のイタリア料理はフランス料理やカルフォルニア料理の要素も含んで、さまざまなメニューが提案されていますが、基本的には、日本料理と似ていて、素材をトマトやオリーブオイルで、手早く調理するのが身上です。

その点イルクオーレは、イタリア料理の真っ当なメニューを提供していると言えるでしょう。

ランチの平均価格が1800円からとちょっと高めですが、それだけ素材に拘っています。

大体ディナーはランチの倍額と考えると、4000円〜5000円の予算を考えておけば十分です。

イルクオーレは決して気軽なイタリアンレストランではありません。

それなりの格式をもったレストランと言えます。

ただ格式があると言ってもフレンチレストランとは違って、イルクオーレはイタリアンレストランの大らかさが魅力です。

前菜に関しては、カリフォルニア料理の影響か、アボガドやエビを使ったサラダが目立ちますが、素材の使い方には興味を引くものが多いと言えるでしょう。

旬お野菜を使って、生ハムやモツェラレラチ−ズなどをあわせたサラダは、イタリア料理の定番と言えますが、発芽玄米などを添えるあたりは、イタリアのローフードブームにあやかった、面白い試みです。

海産物を使った料理が多いのもイタリア料理の特徴ですが、イルクオーレのバジリコソースだけで頂くホタテのソティなどは、ホタテが新鮮でなければ出せない料理です。

メインディッシュは、そば粉入りのジャガイモのニョッキなどは、イタリアの伝統的な料理で、アスパラを添えてゴルゴンゾーラソースで味付けしているあたりの調理仕方は、オーソドックスですが、まさにイタリア料理の真髄とも言えるものです。

スパゲティは一見するとシンプルで、ありふれたメニューに見えてしまいますが、旬の素材の持ち味を生かしたもので、そん所そこらで味わう事が出来るものではありません。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。