スポンサードリンク

ホコモモラ


この頃シューズコレクションやファッションデザインを手掛け、国際的にも注目されていく様になりますが、SYBILLAはシーツなどの寝装具のデザインやバッグのデザインも手掛けて、トータルデザイナーとしての頭角もあらわしていきました。
彼女の出自はとてもコスモポリタンなもので、父親はアルゼンチン人で母親はポーランド人という、多国籍な血脈の持ち主です。
ちょっと変わったテイストのブランドをお探しの向きのブランドと言えます。
彼女は1963年にニューヨークに生まれ、7歳の時にスペインのマドリッドに移住しました。


SYBILLAのデザイナーとしてのスタートは、1980年に17歳でパリに出て、イブ・サンローランの下で働く事から始まります。
ホコモモラのアクセサリーも販売されていますが、特にお財布は人気が高く、ラブリー系の綺麗なお財布で、作りもしっかりしていますが、手頃な値段で購入する事が出来ますが、すぐに売切れてしまいます。
。ホコモモラホコモモラはデザイナーのSYBILLAが展開するブランドです。


その上多感な幼児期をニューヨークで過ごし、マドリッドで成長したと言うことで、さまざまな文化を体験した事が窺えます。
今ではスペインを代表するデザイナーとして確固とした地位を占めるようになったSYBILLAですが、彼女のデザインは、スペインらしい大らかさがある反面、シンプルなシルエットに洗練されたパリコレやミラノのテイストも含まれた、ユニークなデザインが身上です。
1983年には既にマドリッドで最初のファッションショーを開き、以後スペインを中心にしたファッションショーを活動の場としていました。


レディースやメンズも取り扱っていますが、カテゴリー的にはカジュアルと言っていいでしょうが、贅沢なプレタポルテとしてのカジュアルであって、その趣味のよさは、SYBILLAのホコモモラならではのものです。
ワンピースやアッパーアイテムでも、スペインの独特のプリントを使用した、エキゾチックなテイストと、余計な装飾をを排した簡潔なシルエットは、ホコモモラの特徴と言えますが、適度に織り込まれたコケエィシュな味わいもに逃せません。
1988年のミラノショーがSYBILLAの初の国際ファッショーになりますが、翌年には日本のイトキンと婦人服プレタポルテの製造、販売契約を結ぶ事になりなりましたが、この辺からSYBILLAと日本との関係が出来始め、1991年に青山にブティックをオープンするとともに、続いて1993年にホコモモラのブランドがスタートしました。

イルクオーレ

イルクオーレはさいたま市にあるアルピーノ村にあるイタリアンレストランです。

アルピーノ村と言うのは、フランスレストランのアルピ−ノのやイルクオーレ、煮込み料理の素敵屋さんなどが集まった、レストランパークのようなもので、その始まりはアルピーノですが、イルクオーレもそのグループのひとつです。

イルクオーレのシェフ福永幸雄さんは、アルピーノでもシェフの経験を積んでいらっしゃる方で、イタリヤ料理の名店リストランテ・インコントロの副料理長になったシェフですから、フレンチとイタリアンに精通した腕前は、確かなものです。

イタリア料理と言っても、最近のイタリア料理はフランス料理やカルフォルニア料理の要素も含んで、さまざまなメニューが提案されていますが、基本的には、日本料理と似ていて、素材をトマトやオリーブオイルで、手早く調理するのが身上です。

その点イルクオーレは、イタリア料理の真っ当なメニューを提供していると言えるでしょう。

ランチの平均価格が1800円からとちょっと高めですが、それだけ素材に拘っています。

大体ディナーはランチの倍額と考えると、4000円〜5000円の予算を考えておけば十分です。

イルクオーレは決して気軽なイタリアンレストランではありません。

それなりの格式をもったレストランと言えます。

ただ格式があると言ってもフレンチレストランとは違って、イルクオーレはイタリアンレストランの大らかさが魅力です。

前菜に関しては、カリフォルニア料理の影響か、アボガドやエビを使ったサラダが目立ちますが、素材の使い方には興味を引くものが多いと言えるでしょう。

旬お野菜を使って、生ハムやモツェラレラチ−ズなどをあわせたサラダは、イタリア料理の定番と言えますが、発芽玄米などを添えるあたりは、イタリアのローフードブームにあやかった、面白い試みです。

海産物を使った料理が多いのもイタリア料理の特徴ですが、イルクオーレのバジリコソースだけで頂くホタテのソティなどは、ホタテが新鮮でなければ出せない料理です。

メインディッシュは、そば粉入りのジャガイモのニョッキなどは、イタリアの伝統的な料理で、アスパラを添えてゴルゴンゾーラソースで味付けしているあたりの調理仕方は、オーソドックスですが、まさにイタリア料理の真髄とも言えるものです。

スパゲティは一見するとシンプルで、ありふれたメニューに見えてしまいますが、旬の素材の持ち味を生かしたもので、そん所そこらで味わう事が出来るものではありません。




アンテプリマ

アンテプリマは、香港にあるフェニックス社傘下のシューズとバックのブランドとして設立されました。

1972年フェニックス社は、萩野正明氏によって設立されたトータルファッションメーカーです。

1993年に萩野いずみ氏をクリエーティブ・ディレクターに迎えて、スタートしましたが、1995年に活動拠点をイタリアミラノに移し、高級ブランド戦略をとっています。

2001年には伊藤忠がアンテプリマとライセンス契約を結び、日本での販売代理店を展開しています。

アンテプリマを有名にせしめたのは、ワイヤーバックですが、金属製のワイヤーに樹脂コーティングした素材を、手編みの竹籠の様に上げたバッグです。

硬質なワイヤーを樹脂でコーティングすることで、独特のソリッド感と丈夫でシンプルさを兼ね備えたデザインですが、日本でも話題になりました。

2007年には、フェニックスグループは伊藤忠の契約を止めて、グループ傘下の子会社としてアンテプリマを再スタートさせるために、アンテプリマジャパンを設立しました。

これもアンテプリマが日本で好調な売上を示している証拠でしょう。

現在アンテプリマの直営店は、国内20店舗以上になっています。

最近ではバッグやシューズから、プレタポルテから、アクセサリーなど、トータルファッションへと、その守備範囲を広げています。

いち早くミラノに本拠を移し、より高級感をブランドに持たせる戦略は、日本に限らず東南アジアを中心にしたアンテプリマの好調さからも、成功と言えるでしょう。

アンテプリマのファッションアイテムは、他のイラリアコレクションと比較しても、決して見劣りする事はなく、萩野いずみ氏のデザインも働く女性を対象とした、大人のフェミニンを強調させて、シンプルで上質なファッションアイテムに仕上げています。

プレタポルテに関したは、オーソドックスなシェープの中に、上品なフェミニンさを忍ばせながらも軽快でリズミカルな、大人のファッションと言うところです。

バックに関しては、従来のワイヤーバックから、イタリアブランドテイストのレザーアイテムが揃っていますが、飾りや金具類の使い方は、ワイヤーバックで培ったノウハウが活かされて、効果的に演出されています。

アンテプリマは素材感とイタリアとアジアのテイストの融合とも言えるカラーリングは独特で、冷たいメタル系の素材を使いながら、冷たさを感じさせない、繊細な女性デザイナーならではの、仕上げ担っています。

アクセサリーやシューズ類は、節度を弁えながらも、大人のコケティッシュさを表現しています。




アランミクリ

アランミクリはアイウェアのブランドです。

アイウェアとは、単なるめがねフレームに止まらず、高いデザイン性を持っためがねフレームを言います。

アランミクリはフランス人のアラン・ミクリが立ち上げたアイウェアのブランドですが、ファッションアイテムとしてののめがねフレームを確立したブランドと言っても過言ではなく、1977年から現在に至るまで、多くのファッションブランドとのコラボレートが行なわれ、日本でも最近スマップの木村拓也やサッカーの中田英寿などがCMで使うようになって、有名になりました。

アランミクリは、ジャン・ポール・ゴルティエなどの名だたるデザイナーのファッションショーで使われるだけでなく、映画監督のヴィム・ヴェンダースの作品「世界の果てまで」でも、アランミクリのアイウェアが使われていました。

アランミクリのアイウェアのデザインは、およそそれまでのメガネとは異質で、めがねのフレームをオブジェとして見なして、創造的な造形を試みてきました。

まさにオブジェと言うべきアランミクリのアイウェアですが、そのカラーは、めがね業界のトレンドカラーを決定するとまで言われる 影響力をもっており、めがね業界ばかりか、ファッション業界まで注目するところとなっています。

またあらんミクリの製品を取り扱うには、アランミクリの認定を受けて、「ポケットショップ」になる必要があり、認定を受けるにはかなり厳格な審査がなされるため、アランミクリを購入しようとしても、全国にアランミクリが認定している「ポケットショップ」は少なく、購入しにくいぶん、話題になっていると言えましょう。

アランミクリのシリーズには、スタンダードなコレクションと、「ポケットショップ」でも上位のクラスのショップだけが扱える「アランミクリポケットショップコレクション」があります。

実際メガのフレームのこれだけのステータスをもったブランドは他になく、デザインやカラーリング、まためがねとしての品質において、アランミクリに伍するブランドはないといえるでしょう。

その一方で、アランミクリは、視覚障害者をサポートする活動も盛んに行なっています。

最近ではエムタッチと言うアランミクリのアイウェアの売上の10%を、財団法人日本盲導犬協会に寄付するなど、単なるデザイナーと言うだけでなく、アイウェアの製作を通して、社会に貢献しようと言う信念を持ったブランドと言えましょう。

その意味ではめがねフレ―ム業界の真のリーダーと言えましょう。




アモスタイル

アモスタイルは1886年に創立された、ドイツの婦人下着メーカーであるトリンプの直営ショップです。

ターゲットとしている年齢層は20歳代から30歳代の比較的若い年齢走です。

トリンプにとっては、販売ターゲットとしては柱になる年齢層です。

日本のインナーウェアー第2位とメーカーとしては、安くてかわいいをキーワードとして、ショップコンセプトにしています。

カテゴリーは、ブラ&ショーツセットショーツ、ランジェリー、インナー、ガードル、ナイトウェア、雑貨に分けられています。

実際には、ユーザーの目的によって、夢みるブラ、えらべるブラ、チャーミングラマーブラ、理想の下着、クリスマスに着たいランジェリーやほっとアイテムなどの企画提案型のプレゼンテーションを行い、販促に努めています。

夢見るブラとは、レースを多用したウエディングのイメージの、いかにも新婦にふさわしい、可愛らしくも清楚なデザインのブラの提案です。

エンジェルワイヤーと言う新開発の柔らかいワイヤーを使い、エアーパットでやさしく胸を包み込むと同時に、脇の部分を伸縮性のない素材にして、しっかり胸の谷間を作ってくれます。

えらべるブラは、グラマラスタイプとすっきりタイプを選ぶプラン型の提案です。

グラマラスタイプは胸の谷間を強調させたい人向きの、サイドコンシャス機能で、胸以外の脇のお肉もブラに収める事で、ボリューム感を出す事も出来ます。

すっきりタイプは、ボディーにフィットした自然なシルエットを作り出すもので、ナチュラルなシルエットを好まれる方向きです。

チャーミングラマーブラは、究極の谷間を目指したブラの提案で、あえて伸縮性のない素材を使ったブラが揃えられています。

言ってみれば勝負ブラと言ったところですが、FからGの人向きで、しっかりお肉をサポートしてくれて、余分なお肉もブラの中に押し込んで、綺麗なバスとラインが作れます。

理想の下着は、まさに勝負下着と言われるもので着心地や、ボディ補正だけでなく、服を脱いだ時を想定した、魅力的なデザインが施されたものです。

クリスマスに着たいランジェリーやほっとアイテムは、各シーズンにあわせた、色々なシチュエーションを想定して、それに合わせるためのシリーズと言えます。

アモスタイルはトリンプの製品を、よりユーザーの着用目的にあった、率直な提案をすることで、支持を集めているのですが、実際同じ年代の同性の友達からアドバイスを受けているようで、こんなのまありかなと思わせるものです。




welbox

welboxは株式会社イーウェルが行なっている福利厚生アウトソーシング事業です。

welboxは従来企業が行なっていた福利厚生制度を再構築して、福利厚生事業を委託集中システムです。

welboxによって企業は、福利厚生制度に割いていた資金や資産、および人材を削減し、内容を充実させる事が可能になることが期待出来ます。

企業にとっては、人件費に伴う福利厚生制度の負担は、少なからず大きく、改革するにしても、かなりの基幹と労力を必要とされます。

また景気の減速状況の中で、自社で福利厚生制度の改革運営に頭を悩ましている企業は多く、株式会社イーウェルはそのような企業向けにwelboxを福利制度改革の一貫として提案するものです。

株式会社イーウェルは、東急不動産株式会社とトヨタ系の通信事業会社の株式会社豊通シスコムが共同出資で作られた会社で、創立は平成12年になります。

株式会社イーウェルの事業は、福利厚生を基幹とする法人向けの福利厚生コンサルティングですが、それぞれの案件に関して、welboxや会員制の宿泊施設などの利用を提案し、自社の関連施設のリンクを図ったモノといえるでしょう。

それらのサービスをインターネットを介して、独自のWEBサイトで、情報提供を行なうサービスが、特徴と言えます。

WEBサイトのシステムにいよって、効率的な福利厚生のサービスを行う事によって、コスト削減を図ると同時に、親会社である東急不動産株式会社の資産や事業施設の有効活用に貢献しています。

welboxは福利厚生メニュー提供サービスと言われるものですが、その内容はレンタカー、宿泊施設、レストラン、フィットネスクラブ、ゴルフ場、資格取得、カルチャースクール、人間ドッグ、育児・介護、レジャー施設のさまざまな分野で、サービスを受けることが出来るため、福利厚生を単独で行なうより、割安で内容の充実したものにする事が出来ます。

このような企業向けの福利厚生制度へのサポートサービスは、提供する施設のスケールが問題となりますし、またサービス体制のネットワークも問題になりますが、まさにこれの資産を保有している会社を親会社に持つのがwelboxを展開する株式会社イーウェルの強みと言えるでしょう。

利用者にとっては、welboxのサービスを受けるには、インターネットのwelboxのWEBサイトでログインして、これらのサービスを受けられるのですが、PCでなくとも携帯でも出来る事によって、更にきめ細かいネットワークを構築できるようなりました


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。